2018/8/25 スリランカ紀行4日目

朝、7時に目が覚め、とりあえずもう一泊キャンディに滞在予定だったので、sevanaホテルよりも安いホテルをチェックする。

少し離れたところにsakura hill kandy 71というホテルを見つけたので、午後はそこに移動することにする。

 
飯を食いに昨日ポリスの親父と行ったカフェに行く。
もしかしたら、生き別れたポリスの親父がいるかもしれない。
そんな淡い期待を込めての行動だった。しかし、道路沿いを見渡しても彼の姿はなかった。
 
とりあえず、ご飯もまだだったので、そこで辛いヌードルとコーヒーを一杯頼む。
 
写真
 
これで120ルピー。安いぜ。
 
そしてチェックアウトまで時間があるので、昨日行けなかった仏歯寺を目指すことにした。
しかし、今日は祭りの最終日。もー、その辺、めちゃくちゃ混んでる。
 
写真
 
その辺の人に聞いたらパレードは7時からだというのに、朝9時からみんな道端に座り込んで場所取りしている。
 
仕方がないので、人の少ない湖の辺りをぐるりと一周する。
仏歯寺の中にも行こうかと思ったけど、とてもじゃないけどゆっくり見て回れる状況じゃなかったのでスルー。
 
写真
 
ホテルのプールで泳いだ後、チェックアウト。もっとsakura hill kandy 71を目指す。
しかし、この宿がすごい曲者だった。看板の一つもありゃしない。
様々な人に聞きまくって、やっとの事たどり着いた。
 
写真
 
英会話教室の隣に一室ある。
値段は1000ルピーしないくらい。700円くらい。
 
写真
 
夕方になり飯だけ食って後はゆっくりしよう。どうせ祭りで街の中心は人がごった返す。
今日はホテルでゆっくりyoutubeでも見て過ごそう。
 
そこで、飯だけ食いに街に繰り出すと、ふと…
 
親父がいた!
 
昨日と同じ場所で同じようにホイッスルを吹いて交通整理をしている。
 
熱い握手を交わし、俺たちはまた同じ食堂に入った。
親父にまたコーヒーとパンをご馳走になり、親父は熱心にノートに日本語を書いていく。
 
写真
 
親父は日本語学校に2ヶ月通っていて「警察をリタイアしたらガイドになりたいんだ。」と語っていた。
その後、夜は危ないからと俺のホテルまで送ってくれた。
途中、バナナとタバコもくれた。
 
ゲストハウスの人が「大丈夫? 警察の人だったけど、何か問題でもあった?」
 
と心配されたが、彼は友達だからと説明しておいた。
 
その後は、パソコンをいじりながら寝た。
部屋は古めかしいが、虫もそんなに出ず、ワイファイもつながり意外と快適に過ごすことができた。
山間だからかエアコンなしの扇風機だけでも快適だ。
 
昨日のsevena hotelに比べたらグレードが落ちるがこの値段で個室は大満足だ。
ただ、街中へのアクセスはちょっと不便。夜道は気をつけないといけないかもしれない。

コメントを残す

サブコンテンツ

twitter

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサードリンク

このページの先頭へ