2018/8/21-22 スリランカ紀行1日目

お久しぶりです。daislerです。

最近、freeBGMばかりでしたが、久々の旅ブログです。

今日からスリランカに向かう。

 
飛行機はクアラルンプール経由のコロンボ。
 
いつもの羽田発エアアジアでまずは乗り換え地であるクアラルンプールを目指します。
 
出発時刻は23:45。
 
しかし、機材の遅れで1時間ばかし出発が遅れてた。
だが、俺にとってはこっちの方がいいのかもしれない。
 
何と言っても、乗り換えのクアラルンプールでの待機時間は14時間!
 
トランジットでクアラルンプールを観光するのもいいかなと思ったが、いけてもクアラルンプール市内をぶらぶらするくらいしかなく、またマレーシアには頻繁に行っているので、約半日を空港内で過ごすことにしました。
 
飛行機が着いたのは午前6時ごろ。
 
とりあえず、国際線の方への乗り換えをさっさと済ましゲート内に。ゲート内にはフードコートや簡単な飯屋もあり、食うには困らなさそう。
 
エアアジアの機内食でナシレマを食べていたが、到着後、腹が減ったのでまた空港内でナシレマを食べることに。

その後、タバコを吸えるところを探して、ふらふら可能な限り歩き回りましたが見つからず。諦めてインフォメーションで聞くことに。
 
「ちょっと、待ってね…」
 
そう言って考え込むマレー系のイケメン。どんだけ分かりにくい場所なんだと思っていたら、
 
「すぐそこだよ!hahaha~」
 
そう教えてくれた。なんやねん、こいつ、知ってたんかい!
 
喫煙所でタバコを数本吸う。
 
「…」
 
スリランカではタバコは課税対象だから未申告の持ち込みはグレーだ。
 
俺は日本から5箱ほど持ってきているが、捨てるか罰金を取られるかもしれない。大丈夫だって人もいたら、ダメだったっていう人もいる。
 
もうこればかりは行ってみないと分からない。
 
腹も一杯になり、タバコも吸ったので眠くなってきた俺は寝床を探すことに。
 
まだ時刻は朝の7時頃。
 
どうせ夜の9時くらいまで待機しなきゃいけないから、一眠りしておいた方がいい。
 
ちょうど、エスカレーターの下のベストスポットが空いていたので、そこで寝る事に。

 
バックを頭に敷き、睡眠導入剤を飲んで、アイマスクと耳栓をして5時間ばかし寝てました。
 
タイのドンムアン空港で寝たときは寒さで死ぬかと思ったけど、こっちは冷房も効き過ぎず、床も絨毯が敷いているので割と快適に過ごせました。
 
起き抜けにタバコを再び吸うと、今度は近くのスタバで充電も兼ねてコーヒーを一杯飲む。
 
海外のスタバは器に名前を書いてくれて、出来たらそれで呼び出してくれる。日本もそうしたら楽しそうなんだけどな。
 

 
スタバで小説やブログを書きながら時間を潰しても時刻は16時ごろまだ時間はある。
 
しょうがないから本日二回目のナシレマを頂く。
 

 
飯を食ったら適当にベンチに座り、空港のフリーワイファイにつなぎ、日本のVPNに接続してアマゾンプライムを見て時間を潰す。
 
ようやく8時前になったので自分のゲート近くのベンチに移動する。
 
到着は22時ごろ、しかし時差があるので実際は3時間近くのフライト。
 
機内でイミグレーションカードを記入して、寝てたら到着。
 
ちなみに、到着後、税関は素通りでX検査もしなかった。
タバコをもっと持って来ればよかった。
アライバルホールに着いたら、まずはクレジットカードで現地ATMから現地通貨を引き出す。
そして、フリーシムを購入。
 
バンダラナイケ国際空港は出口付近にシムカード屋が並んでいるので、すぐにわかると思う。
そして、Uberという配車アプリを使いタクシーを呼ぶ。
 
空港タクシーや流しのタクシーを捕まえるより格安だし、支払いも登録したクレジットから自動で引き落としてくれるので、値段交渉のストレスもない。
 
電話番号の登録だけ現地で入手したsimの番号に変更しておく必要がある。
 
でないと、ドライバーとコンタクトが取れない。
 
ここだけ、注意。
 
ドライバーと合流し行き先を伝え、20分ほどで到着。途中「飯はいらんのか?」とドライバーが言ってくれたので、レストランでテイクアウトのフライドライスを購入。
 
ゲストハウスに着くと、とりあえず、チェックインを済まし、ドミトリーに荷物を置いたら、宿はすぐに消灯。
 
その後、誰もいない暗闇の共用スペースで胸焼けしそうなくらい大量のフライドエッグライスを食べて俺も就寝。
 

コメントを残す

サブコンテンツ

twitter

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサードリンク

このページの先頭へ