マレーシアの旅 3日目 〜ランカウイ島、クアラルンプール〜

おはようございます。
ダイスラーです。今日はランカウイ島からクアラルンプールに戻りますよー。

3日目は9時頃に起き、今日も朝食を食べに向かう。

とりあえず、真っ先に皿によそったのはビーフレンダン。あと、あの濃厚なエビ。

またもや、これでもかと朝食を腹に詰め込むと部屋に戻って荷支度をする。

かなり快適な時間だった。こんなにゆっくり過ごせたのは、本当に久しい。ミネラルウオーターは小まめに持ってきてくれるし、本当にサービスが行き届いている。また機会があったら是非来たいぜ。

バックパックを背負い、11:00頃にチェックアウト。

ホテルの人に空港まで送迎をお願いする。

ちょうど、空港に着く頃に雨が降ってきた。けっこう激しくなってくる。

そのせいか飛行機の搭乗が予定よりも1時間以上遅れてしまう。

14:30発予定なのに…

ただでさえ、短い休み。こんなとこで足踏みしたくないのだが、仕方がないので空港のベンチで寝た。

ようやく、僕の乗る便がboardingになった。

無事、15:25には離陸。
まあ、欠航にならずに済んだだけまだましか。

やはり機内ではずっと寝てた。

そして、再びKLIA2に戻ってきたぜ。

まずは、ホテルのあるクアラルンプール市街地を目指す。

空港から市街地までは3つの行き方がある。

ひとつはバス。
これが断然、一番安い。ただ市街まで1時間以上掛かる。

ふたつ目はタクシー。
空港にタクシーカウンターがあるので行き先を告げ料金を払いクーポンを買い、タクシー乗り場で乗る。到着したらクーポンを渡す。人数が多いとタクシーがお得だ。前払いだから、ぼったくりの心配がないのもいい。

最後は電車。
これが一番高いが、一番早い。KLセントラル駅まで30分ほどで到着する。各駅のトランジットもある。

僕は電車にした。
窓口でチケットを購入。SuicaみたいなICカードをくれる。

これを改札にタッチしてホームへ向かう。

KLexpressで30分ほどでKLセントラル駅に。
電車内は無料のWiFiもあり便利だ。

KLセントラル駅に着き、まず『old town coffee』で一休み。

そこから、モノレールに乗り換える。ちなみに、モノレールの乗り場はセントラル駅から少し離れていた。

券売機でチケットを購入。
すると、青いオモチャのコインみたいなのが出てくる。行きはこれを改札にタッチして着いた駅の改札でインサート部分があるので、そこに入れると改札が開く。

実は一度、行き先を間違えて購入してしまった。そのときは着いた駅で追加分の料金を払ったら新しいコインを発行してくれた。

ブギッビンタン駅まで行き、歩いて5分くらいで今日泊まるフェデラルホテルに着いた。

チェックインを済まし部屋に向かう。

しかし、エレベーターに乗り込んだところで早速、障害が立ちはだかる。

エレベーターの階を押しても点かないのだ。

なんで?WHY?

と、焦っていたら一緒に乗り合わせていたインド人らしき少年が「this! this!」と言っている。

彼は自身のルームキーを掲げていた。

よく見ると、階を押すボタンの上にルームキーを挿し込む部分があり、これを一度挿して抜いた後、行きたい階を押すらしい。

渡りに船に、思わず感謝の声が大きくなる。

こんなのわかるかい。

部屋に着いたのは21時前。
ちなみに、部屋の窓からはクアラルンプールのランドマーク、ツインタワーが見える。

もっと、近くでこのタワーを見ようと、部屋を出て再びモノレールに乗る。

ブギッビンタン駅からブギッナナス駅で降りて5分くらい歩くと、

お、見えてきた。
もっと、近くに行くと圧巻の存在感。

これがクアラルンプールのランドマーク。ペトロナスツインタワー。

併設しているスリアKLCCというショッピングセンターを散策。

日本の伊勢丹もあった。

ドリアンアイスを買う。

うーん、生ゴミが腐ったような匂い…。味は普通に美味い。

広場では音楽が掛かり噴水のショーが行われている。すごくロマンチックだ。

来た道を戻り、ブギッナナス駅からブギッギンタン駅に戻り街を散策。

日本人だと分かると、

「チョットマッテ、チョットマッテ、オニイサン~」と、ちょっと古めのギャグで客引きをしてくる。

が、物欲のない僕は全てガン無視。

ひとつ違う通りに行くと、ナイトマーケットみたいになっていた。

屋台が連なり飯には困らなそう。
あちこちでストリートライブもやってて深夜になってもすごい賑わっている。ランカウイの空港に着いたときもそうだけど、音楽好きとしてはわくわくする。

焼売とマレーシアの焼き鳥のサテを食べる。

サテのカニは酸っぱい味がして不安なった。

ちょっと辛めのシュウマイのソース。

ホチキスで留めてあるのが斬新。

酒はやたら高かったからやめておいた。60~80リンギットはする。

サテは1本5リンギット。

マッサージ屋を探してふらふら。
結局、ホテルの中にある店でマッサージをうける。フットマッサージ60リンギット。

マッサージされてる間、タバコ吸いながらコーヒーを飲む。

マッサージ終わりにもチャイニーズティーをもらう。冷たいのか温かいのか聞かれたが、温かい方がベターだということで温かい方を。

明日が帰国日だ。
心配性な僕は部屋に戻り早めに寝ることにした。

4日目に続く…

コメントを残す

サブコンテンツ

twitter

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサードリンク

このページの先頭へ